NFECプログラム

教育プログラム

教育・インキュベーションプログラム

学部生対象科目

01入門
アントレプレナーシップ入門

本授業では、アントレプレナーシップの基礎を学習します。変化が激しく不確実性の高い現代において、自立心、向上心を持って課題解決に取り組み、新しい価値創造にチャレンジできるアントレプレナーが必要とされています。本授業では、自分自身のキャリア構築につなげる視点を持ちながら、アントレプレナーに必要なマインドセット(アントレプレナーシップ)や必要なスキルについて学習します。また、ベンチャー、大企業、官公庁など実社会の様々な現場で活躍されている実務家の方々を招き、社会課題解決及び新価値創造への取り組みとアントレプレナーシップの重要性について学習します。

02入門
アイデア創出・デザイン思考入門

本授業では、「問いの立て方」、「アイデアを創出する技術(創造技法)」、「ファンクショナル・アプローチ」及び「デザイン思考」を学習します。これらは、多面的な視野・視座・視点を持ちながら問題を発見し、それらを解決するアイデアを考案してイノベーション創出につなげるために必要な入門スキルです。本授業では「問いの立て方」として、いい問いとは何かを考えることを通じて、いい問いの立て方について学びます。そして、「アイデアを創出する技術」として問題発見、アイデア発想、アイデア発展の基礎的手法を学習します。次に、問題解決へ取り組む際、ファンクション(機能・効用・役割・意図・目的・狙い等)に置き換えてから解決する革新的技術である「ファンクショナル・アプローチ」を学びます。最後に、顧客視点・ユーザー視点で対話を重視した問題解決手法である「デザイン思考」の基礎について学習します。なお、本授業では講義と演習(グループワーク)を組み合わせて実施します。

03入門
事業創造・スタートアップ入門

本授業では、イノベーション、即ち、社会に新しい価値を創造する担い手である「スタートアップ」と呼ばれる企業を立ち上げるために必要なスキル、知識、マインドセットについて学習します。具体的には「スタートアップとは何か?」「社会に新しい価値を提供するためのビジネス(事業)とは?」「スタートアップに必要なチームとは?」「ビジネス(事業)に必要な資金をどのように集めるのか?」「ビジネスモデルやビジネスプランとは?」「スタートアップと市場」などのテーマについて学びます。また、新しい事業を創造し、社会価値を生み出すことに挑戦されている起業家や経営者をお招きし、実際のビジネスについてご紹介頂き、スタートアップによるイノベーション創出の意義についてお話いただきます。

大学院生・社会人対象科目

04基礎
イノベーション論(イノベーション・技術戦略・知財戦略・出島戦略)

本授業では、起業や新規事業立上げに取り組む実践人材(アントレプレナー)が知っておくべき、イノベーションや技術経営を行うために必要な知識(概念・考え方)を学習します。特に、研究開発の成果である技術シーズに基づいて、企業や新規事業立上げを行うに当たり、必要となるマネジメントの基礎知識(知的財産戦略、技術戦略、出島戦略など)やオープンイノベーション手法の学習に重点を置きます。また,大学の研究開発成果である技術シーズの事業化・商業化可能性について、市場・顧客視点から、具体的な技術シーズに基づき評価を行う「テクノロジーアセスメント」手法について、チーム演習を通じて学習していきます。本授業では、講義と演習(グループワーク)を組み合わせて実施します。

05基礎
アントレプレナー・ファイナンス論(経営管理特論)

本授業では、起業や新規事業立上げに取り組む実践人材(アントレプレナー)が知っておくべき、ファイナンスの知識、主として財務・会計の基礎、資金調達方法、ビジネスプランの作成方法、出口戦略等から、リスク管理に必要となる契約・法務の知識、知的財産に関する知識まで、スタートアップの設立や経営に必要となる知識やスキルについて学習します。講義と演習(グループワーク)を組み合わせて実施します。

06応用
技術マーケティング・顧客開発論

本授業では、具体的な事例を用いながらアントレプレナーが顧客ニーズに応じた製品・サービスを開発し顧客に価値を提供するために、知っておくべきマーケティングの基礎知識及び手法について学習します。特に、技術のマーケティングについても理解を深めます。また、スタートアップやベンチャーが陥りやすい「顧客が欲しがらない、売れない製品・サービスを市場に出してしまう」失敗を回避するため、研究開発の初期段階から顧客を相手に仮説検証を繰り返し、実現可能なビジネスモデルを探索する「顧客開発モデル」について基礎的な手法を学習します。

07応用
アントレプレナーシップ応用(ビジネスプラニング)

本授業では、起業や新規事業立上げの実践に必要となるアントレプレナーシップ(企業家精神)及びビジネスプラニングの手法を学習します。具体的には、演習(ワークショップ)形式で、顧客課題の設定、課題解決方法を明確化し、特許・技術評価、市場調査などを行い、顧客のニーズに対応した新価値を創造し提供するビジネスプランの作成を学びます。その際、様々な事業化手法やツール(ビジネスモデルキャンバス、デザイン思考等)を学び、それらを実際に使用してチーム形式でビジネスプラン作成演習に取り組みます。

社会人対象科目

08応用
アイデア創出・デザイン思考演習

本授業では、「アイデアを創出する技術」、及び「デザイン思考」について演習を通じて学習します。「アイデアを創出する技術」として問題発見、アイデア発想、アイデア発展の手法を学習します。さらに、顧客視点・ユーザー視点で対話を重視した問題解決手法である「デザイン思考」について具体的なテーマを題材としてチーム形式で演習に取り組み、実務に役立つ実践的な「デザイン思考」のアプローチやプロセスを習得します。

09応用
技術マネジメント・組織論

本授業では、研究開発成果である技術に基づき製品開発を行い、事業に結びつけて経済的な価値を生み出すため、経営資源である技術を戦略的に活用する、技術マネジメントの手法について学習します。また、研究開発成果である技術を事業化するために大学と産業界とが連携する手法(産学連携)についても学びます。さらに、起業や新規事業立上げにおいて、人材を集めチーム・組織を構築・運営していくことの重要性について学び、そのためのマネジメント手法について学習します。

10実践
先端技術事業化論1(AI/ IOT/ブロックチェーン)

本授業では、人工知能(AI)分野、IOT分野、ブロックチェーン分野などの先端技術とその活用について最新動向を学習し、それらの先端技術分野における国内外の事業化事例について、実際に当該分野で起業したり新規事業立案に挑戦している起業家・実務家の方をお招きし、ご講演を通じて学習します。

11実践
先端技術事業化論2(デジタル×メディカル/ヘルスケア)

本授業では、メディカル分野、ヘルスケア分野、食・農業分野などの先端技術とデジタル分野の先端技術との融合及びその活用について最新動向を学習し、それらの先端技術融合分野における国内外の事業化事例について、実際に当該分野で起業したり新規事業立案に挑戦している起業家・実務家の方をお招きし、ご講演を通じて学習します。

FFGインキュベーションプログラム

実践研究者シーズを用いた学部生・院生向けプログラム

長崎大学の研究成果たる技術シーズを基に、研究者と共に市場調査、特許調査等を経てビジネスプランを作成してベンチャー創出を目指すプログラム。具体的には技術シーズのアセスメントを行った上で、ビジネスモデル開発に取り組む。

プログラムロードマップ

※プログラムロードマップの内容は変更になる可能性があります。

閉じる